バツイチサラリーマン吾郎の「出会い系」「ライブチャット」体験記

妻との離婚をきっかけに40歳を過ぎてから「出会い系」「アダルトチャット」にのめり込んでしまったサラリーマン吾郎の性活を綴ります。

【出会い体験】小池栄子似の妖艶な人妻と快楽に溺れる...④【完結】

前回からの続きです
出会い人妻
クリトリスや入り口周辺に亀頭を擦り付ける。
お願いされてもすぐには挿入しない。
音を上げるまで焦らす。

堪えられなくなった彼女は自ら腰を浮かせてヴァギナへ男根を咥え込む。
そして感嘆の声を漏らす。


彼女の中は暖かく適度な締めつけが心地良い。
ゆっくりと腰を動かし、10回に1回ペニスを根本まで強く突っ込む。
不意打ちで子宮を刺激され目を大きく見開く。
乳房を強く鷲掴みしながら徐々にスピードをあげていく。

苦悶の表情を浮かべる彼女。
腰を上げさせて膣内の上部付近を集中的に突き上げると、ものの数分で逝ってしまったようだ。
体をビクビクさせながら呼吸を整えている。

「まだいける?」
「もっとしてほしい...」
続きを読む

【出会い体験】小池栄子似の妖艶な人妻と快楽に溺れる...③

前回からの続きです
出会い人妻
ホテルへ入りベッドへ腰を下ろそうとすると、彼女に押し倒されてしまう。
そして私に覆いかぶさり唇を重ねる。
ねっとりと舌を絡め、しばし無言でお互いキスを貪る。

一息つき微笑む彼女と入れ替わり首筋からうなじを舐め上げる。

こうして出会い系を嗜むようになり、私は女性の汗を舐める事にこの上ない興奮を覚えることに初めて気付いた。
つい数時間前に顔を合わせたばかりの女性の無自覚な体液を味わうという不埒な行為は、普通の生活を送っていては特殊な職業でもない限り決して体験できない。


そして汗を舐められた女性は決まって恥ずかしがる。
自分の老廃物を自慢出来る人なんていやしない。

彼女もまた、うなじ、デコルテライン、胸の谷間へと執拗に舐める私の頭を掴み抗おうとするが、鼻息は荒い。
そこから更に腕を押さえつけて脇の下へ舌を這わせる。
体がビクンと波打つ。
もはや観念した彼女は身をくねらせ吐息を漏らす。
濃厚なフェロモンの香りが鼻腔いっぱいに広がる。
続きを読む

【出会い体験】小池栄子似の妖艶な人妻と快楽に溺れる...②

前回からの続きです
出会い人妻
舌の感覚がなくなるほどに山椒のきいた四川麻婆豆腐に目を丸くして驚く彼女。
その表情がなんとも愛らしい。

酸味が強めな中国産の赤ワインを半分ほど空けたところで、ため息をつく。
きっと聞いてもらいことがたくさんあるのだろう。
旦那にはもちろん、親にも友人にも言えない、限りなく他人に近い知り合いにしか打ち明けられないことがある。
「私で良かったら何でも聞くよ」
そう促すと、ほのかに頬を染めた彼女は自分の今の境遇を語りだした。
続きを読む
プロフィール

goro_deai

アーカイブ
  • ライブドアブログ